父は会社に殺されたと思う

父は過労死だったと認めさせるため…美人姉妹(笑)の奮闘記

お父さんへ

お父さん。

お父さんと話せなくなってから、4ヵ月もたつのですね。こんなに長い間、お父さんと話さなかったのは人生で初めてだから、さみしくて。さみしくて仕方がないです。

 

お父さん。

私、なにか悩み事があると一番に打ち明けるのはお父さんだったから。今はだれに話していいのかわかりません。いつもお父さんの写真に話しかけているけれど、なにも答えてくれないね。

 

お父さん。

お父さんは、辛いって一言も言わなかったから。お父さんが亡くなるまで、何も気づいてあげられなかったよ。ごめんなさい。

 

お父さん。

お父さんの会社の社長さんは、お父さんのお葬式の時に「突然のことで…」って言ってたけど、嘘をついているね。お父さんが、いつ亡くなってもおかしくない状態で働いていたこと、知ってたんだよね。

 

お父さん。

「人を恨んじゃいけない」ってお父さんはいつも言ってたね。でもね、大好きなお父さんを奪われて、恨まないわけないよ。

 

だからね。お父さん。

今、妹と戦ってるよ。お父さんは運が悪かったわけじゃない。突然の病気だったわけじゃない。お父さんはどんなにひどい待遇でも、私たちのために命を削って働いてくれた。そうやって私たちを育ててくれた。優しすぎて会社につけ込まれたんだよ。

 

会社はお父さんの命まで搾取した。私たち絶対に、「過労死だった」って会社に認めさせるから。だから天国から見ていてください。こんなことしかできない娘でごめんなさい。 

広告を非表示にする